2017/06/21 11時37分 (ヤマタニシ科)

アオミオカタニシ Leptopoma nitidum  西表島

↑クワズイモなどの葉上、ヤエヤマアオキなど諸々の樹上にいることが多い樹上性タニシ。藻類食だとか、特定の植物病菌を食べるだとか(そんならこれほど多様な植物にいないと思うが)、半腐食性だとか諸説あるけれど、つまりは付着藻類やバイオフィルムなどをまとめてそぎ取って食べるスクレーパー(Scraper)なのだろう。とにかくよく目立つ。


20170612-P6120538_s.jpg
宮古島


Comment:0    
2017/06/21 11時19分 (ベッコウマイマイ科)
所用でしばらく沖縄は石垣島、西表島、宮古島に行ってました。


マサキベッコウ Bekkochlamys masakii 石垣島

↑八重山諸島に生息する雑食性のベッコウ。石垣島ではそこそこ見られたが西表島ではほとんど見つけられず、生息環境や性質もちょっと違うような印象だった。


20170612-P6120572_s.jpg
Helicarionidae sp. 宮古島

↑宮古島のベッコウは過去の記録を見るとトクノシマベッコウ Nipponochlamys subelimatu となっているが、種不明。マサキベッコウよりはオキナワベッコウ Ovachlamys fulgens に近いような気がするけれど。


ベッコウマイマイ科は全体的に整理されておらず、よくわからない。それに属をこんなに分ける必要はあるのか。混乱しかない。

関連記事
Comment:0    
2017/05/21 20時43分 (ベッコウマイマイ科)

ベッコウマイマイ Bekkochlamys perfragilis

奄美・沖縄諸島にのみ生息する異形のカタツムリ。殻径15mm以上もあり、小型なものが多いベッコウマイマイ類の中では別格の存在感がある。外套膜が伸びて殻を覆っているほか、軟体部が大きくて殻にこもることができず、更にはカタツムリらしからぬ驚くべき行動をもつ、色々と謎なヤツである。

今回は残念ながら一個体しか見つけることができなかったので、次回は本腰を入れて探しに行きたいところ。


(2017年5月4日撮影, 鹿児島県・奄美大島, OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro)


関連記事
Comment:0    
2017/05/21 20時41分 (ベッコウマイマイ科)

Japanochlamys cerasina

分布域は広いが局地的とのことでなかなか見つけられなかったのだが、運よく近場で個体数の多い場所を見つけることができた。
沢沿いの礫と落ち葉が混じる、湿った隙間にいることが多い。殻径は6mmほど。


20170517-P5170024_s.jpg

20170517-P5170032_s.jpg


(2017年5月14-17日撮影, 青森県弘前市 OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro)


関連記事
Comment:0    
2017/05/20 12時55分 (アカガエル科)
憧れのカエルに出会えました。素晴らしすぎて特に言う事もない。


アマミイシカワガエル Odorrana splendida

沖縄本島と奄美大島のみに生息する、天然記念物の渓流棲カエル。苔のような模様と鮮やかな緑色がとても綺麗でした。


20170504-P5040125_s.jpg


20170505-DSC07027_s.jpg

雨で濡れた道路上を跳ねていた体長11cmほどの成体♀。こんなに大きくなるもんだとは。
ライトで照らすと逃げるのではなく、その場に伏せをしてじっと動かなくなるというのが面白い。ヒキガエルでフリーズと回避行動の研究があったけどあれと同じ感じだろうか。

奄美ではマングース駆除のおかげで、クロウサギやイシカワガエルなどがだいぶ増えてきているようだ。滞在中にマングースを見ることもなかった。まだ完全にいなくなったわけではないしネコやイヌ等他の問題もあるけれども、現地で長年関わってきている方々には本当に頭が下がる思い。

(2017年5月4-5日撮影, 鹿児島県・奄美大島, OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro)
Comment:0