2015/11/15 00時39分 (未分類)

アリグモの一種
熱帯ではアリに擬態したクモも非常に多様。一度だけ、ツムギアリに擬態した例の赤茶色のアリグモを見つけて感動したのだけど、すぐに逃げられてしまい、撮影も採集もできず残念だった。口惜しい。


DSC_2331_s.jpg

↑カマキリの若齢幼虫。成長するとアリ擬態の体をなさなくなるのか、普通の緑色のカマキリになるらしい。


DSC_2320_s.jpg
ヘリカメムシ一種の幼虫
ツムギアリの巣の近くで見られた。動きもアリに似てるので、よく観察しないとカメムシとはわからない。くびれと腹部の膨れ方もしっかり再現していてすごい。


DSC_2344.jpg

↑成虫と思われるヘリカメムシ。幼虫の頃はとても魅力的なのに、成虫になると途端につまらなくなるものが多いなあ。


DSC_2365_s.jpg
DSC_2364_s.jpg
Homodes属一種の幼虫
↑放棄されたツムギアリの巣があったので、これはきっと面白い者がいるに違いないと開けてみたらでてきた。わけのわからない付属物が沢山ついているが蛾の幼虫で、ツムギアリに擬態していると言われる。実際、ツムギアリの巣がある樹木に見られるそうだが、まさか廃巣に入り込んでいるとは思わなんだ。
他の方に見せたら反応はイマイチだったけれど。。。


DSC_2465_s.jpg
トゲアリの一種
↑こちらは本物のアリ。とてもかっこいいが、やはり日本のトゲアリを見ているとどうしても見劣りしてしまう。あんなかっこいいアリが日本に広くいるってのはとても素晴らしいことだ(ただし青森にはいない)。


(2015年6月29日~7月2日撮影  タイ・パンガー県 Nikon D7100 + TAMRON 60mm F2 Di )


Comment:0    
2013/09/20 23時36分 (未分類)
全国各地で降った豪雨。青森でもかなりの量が降り、いたるところで土砂崩れが起きている。今日様子を見に行った山も相当の土砂が動いたらしく、環境が様変わりしていた。




↑つい先日まで水田であった場所は河原に。元々の流路は土砂で完全に埋まってしまった。

(2013年9月20日撮影 青森県弘前市)

Comment:0    
2011/02/17 17時12分 (未分類)
 今年最初の更新です。あけましておめでとうございます。
実家に帰省してたり卒論発表やらで最近は山に行く機会もありません。グダグダだったけれど発表は終わり、少しは気が楽になったので更新を再開することにします。(卒論とか、つくんないといけないんですけどね・・・)



2月17日
↑前から望遠レンズが一本ほしくて、つい買ってしまった。右のはとりあえず置いてみたTAMRON 90mm Di MACRO(272E)で、買ったのは左のSIGMA APO 70-300mm。安い割りには高評価で、最大1/2倍のマクロ機能がついたレンズ。なかなか使い勝手が良くて、久々にカメラを持ちたくなった。

これにSIGMAの17-70mmで大体の用途に対応できるようにはなりました。といっても17-70はかなりボロだし、超広角はそのうち一本欲しいな・・・


Comment:4    
2009/01/13 23時37分 (未分類)
岩木山[1/13]

弘前では雪はあまり積もっていないものの、気温は一段と冷え込んできたように思う。
今日は越冬昆虫を探していたが、全く見つからない上に寒かったので、とりあえず岩木山を撮ってみた。普段虫ばっかり撮っていると、この時期は被写体に困る。


Comment:0    
2009/01/01 00時08分 (未分類)
アマガエル


新年、明けましておめでとうございます。

今日からこちらのブログに移転しました。旧ブログはこちら
今後は生物、特に昆虫の生態についてもっと詳しく観察し、それを写真で伝えられるようなブログにしたいと思っています。

本年も、どうかよろしくお願いいたします。
Comment:0