2010/05/04 23時01分 (昆虫・未整理)
 ミソサザイを観察しながら渓流沿いでイタヤカエデの老木探し。あまり良い木が見つからず、成果はほぼ無し・・・。
(ちなみにミソサザイは渓流などコケの生える環境に見られる小鳥で、スズメより小さいながら良く響く美しい声で鳴きます。茶色で地味ですが、好きな鳥の一つです。)

渓流を歩いていると砂防ダムがいくつも見られ、ダムの下には勢いよく流れ落ちる水によって小さな滝つぼができています。
そういえば、トワダカワゲラは河川源流域の湧水がある場所や滝つぼに多く生息しているという話を誰かが言っていたのを思い出しました。

それならば、あまり条件は変わらないのだから、砂防ダム下にできた滝つぼもどきにだっているはず!と思い、底石をひっくり返してみる。まあ、どうせ他のカワゲラとかだろうし、そんな簡単には見つからないだろうと予想していたのですが・・。



5月4日
トワダカワゲラの一種の幼虫。(水中に戻して撮影)
一発目で出てきたので少々驚いた。現物を見るのは初見だったけれど、一目見た瞬間にわかるほど他のカワゲラ幼虫とは形態が異なっています。特徴的なのは腹部後節にある糸状の鰓を持つことで、さらに成虫になっても翅を持ちません。
原始的な形態を維持しており、「生きた化石」の一つ。

DSC_5743_s.jpg
5月4日
1931年に青森県十和田市の十和田湖に注ぐ渓流で発見され、トワダカワゲラと記載されました。以降、日本各地で発見され、今では4種が知られているそうです。しかし資料がないため、どこで判別するのかわかりません。

お詳しい方、資料をお持ちの方がおりましたら、ご教示下さると幸いです。



※追記
「日本産水生昆虫―科・属・種への検索(川合禎次・谷田一三 共編)」によると、トワダカワゲラ科の4種は分布によりある程度種を特定することができ、東北地方にはトワダカワゲラ( Scopura longa )1種が分布しているそうです。
Comment:0    
2010/04/27 03時17分 (昆虫・未整理)

4月26日
クロヤマアリのコロニーでみつかったアリヅカコオロギの一種。アリにやられたのか?、後脚が片方欠けている。

アリヅカコオロギはクロヤマアリを避けるように走り回っていた。アリと接触する瞬間に飛び跳ねて逃げるが、これがきわめて鋭い角度で、とにかく速い。巣を暴いたショックでアリも暴れているから、見失わないよう追うだけで精一杯・・・。

DSC_5459_s.jpg


他の好蟻性昆虫と同じく、アリの種によって共棲しているアリヅカコオロギの種も異なる。ムネアカオオアリの巣に棲むという、日本最大のアリヅカコオロギを見てみたい。



Comment:0    
2010/02/25 19時21分 (昆虫・未整理)


2月25日
翅を持つクロカワゲラの一種。体長もやや大きく、雪が融け始める頃によく見られる。



20100225_4548_s.jpg
雪上に転がっていたニホンミツバチ。ここ数日の暖かさにつられ、冬眠から目覚めてしまったのだろう。寒さでうごけなくなったらしく、ピクピクと体を震わせていた。

Comment:0    
2010/01/27 20時04分 (昆虫・未整理)
 最近は何だか忙しい。頭が疲れたので気晴らしに山へ出かけた。



1月27日
川沿いの雪上を歩くクロカワゲラの一種。おそらく最も一般的なユキクロカワゲラだと思う。
体長は5~8mmくらいで、雪の上をすばやく歩き回りトビムシやユスリカ、枯葉などを食べる。


20100127_02_s.jpg
1月27日
雪とのコントラスト差が激しく、この手の昆虫は撮るのが難しい。虫自体がなかなか止まってくれないのと、寒さで手が震えるためにぶれてしまうのもある。

そうこうしているうちに天候が崩れ、小雨が降ってきてしまった。今は大学でも試験の時期なので風邪を引くのはまずいから、さっさと撤収することにした。


Comment:0    
2009/10/05 13時41分 (昆虫・未整理)
 雨が続いて山に行くことが出来ません。今年は随分と雨の降る日が多いです。
更新に間が空きすぎるのも良くないので、とりあえず以前撮ったものでも。


8月12日 
ノブドウで採蜜するキオビホオナガスズメバチ。

20090806_21_s.jpg
8月6日 平川市
体を上げて獲物を探す、アイヌハンミョウ。林縁の舗装された道路で、ニワハンミョウと同時に見つかった。最初はニワハンミョウの黒化型かなと思ったけど、エリトラの斑紋が異なっている。
ハンミョウの撮影は慣れていないため難しく、ニワの写真は撮れなかった。

コメントより、「ニワハンミョウの黒化型」とのご指摘をいただきました。

20090806_1_s.jpg
8月6日 平川市
シャクガの一種の幼虫。逆に目立っているような気がした。



 ところで、最近になって幼虫が陸生のホタル類(オバボタルやマドボタル)にも興味を持ち始めています。ホタルといえばゲンジやヘイケの印象が強すぎて他の種はあまり関心が持たれませんが、種によっては弱いながらも発光する習性があるものやメスの翅が退化しているものがいて、大変面白いと思いました。
 時期はもう終わっているけれど、越冬前の幼虫がまだ見れるはずなので探してみようと思います。どの種も広く分布する一般種とのことなので、頑張れば見つかる筈・・・・。





Comment:2