最近、糞虫が面白くて色々と探しています。手始めにと日本産コガネムシ上科図説の食糞群図鑑を買ってみたのですが、この中で僕がまず最初に見たいと思ったのが、ムネアカセンチコガネ。
ネットで得られた散発的な情報を頼りに(時期もよくわからず)いざ探してみると、意外にも見つけるのは簡単でした。以前はなかなか得難い種類で食性もライフサイクルも不明と言われていた本種ですが、最近になってようやく知見が増え、生息環境や食性についてはある程度見えてきたようです。でも、個人的には食べているものが何かということ以上に、それ以外の生態が特殊で面白そうな気がしています。
というわけで最近はよく成虫を観察しに行っているのですが、何ともナゾが多くてわからないことだらけ。久々に好奇心を掻き立てられる良い虫に出会った気分です。
確かめたい予想や試したいこともいくつか出てきましたので、しばらくはこの種の生態を僕なりに追ってみたいと思っています。



Bolbocerosoma nigroplagiatum

♂は頭楯と前胸背板に小さい突起を持つ。鮮やかなオレンジ色に光沢があり、且つフォームが美しい。



DSC_3486_s.jpg

♀。突起はなく、♂よりさらに丸い。



DSC_3542_s.jpg

日没後、草地を低く飛ぶ♂。フラッシュ光を当てると高速で飛び去るのはお約束。



(2015年8月8日撮影 青森県弘前市 Nikon D7100 + TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di, TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II)


Comment:0