--/--/-- --時--分 (スポンサー広告)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
2016/05/25 02時15分 (オサムシ科)

Elaphrus japonicus

3枚の写真の深度合成。少し大きな画像をいれてみた。


(2016年5月12日撮影  青森県青森市 Nikon D7100 + TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di + extension tube)
スポンサーサイト
Comment:0    
2015/07/09 17時48分 (オサムシ科)
毎年撮ってるおなじみのやつ。ここ数年の洪水で湿地の環境が変わったせいか、こいつだけは数が多い。
相変わらず撮り難い虫です。

DSC_18793_s.jpg
Elaphrus sugai


(2015年6月21日撮影 青森県つがる市 Nikon D7100 + TAMRON 60mm F2 Di )

Comment:2    
2015/06/03 18時08分 (オサムシ科)
DSC_96191_s.jpg
Calosoma inquisitor cyanescens

今までまるで縁のない虫だったけど、当たり年なのか急によく見るようになった。県内の、それぞれかなり離れた3地点で既に採集している。
なんだか珍品感が薄れてきてしまった…。

(2015年5月18日撮影 青森県青森市 Nikon D7100 + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II ) )

Comment:0    
2014/06/09 03時38分 (オサムシ科)

オオハンミョウモドキ Elaphrus japonicus

本種は山地の湿地にいる。オープンな平地の湿地にいるのはコハンミョウモドキかワタラセハンミョウモドキだが、おそらく同所的には見られないと思う。
なお人の気配にひどく敏感である上、生息環境ゆえのおびただしい数のブユに刺されながらとなるため、撮影は至極困難。

(2014年5月25日撮影 青森県青森市 LUMIX DMC-GH2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro)
Comment:0    
2013/10/04 23時04分 (オサムシ科)

エゾゼミLyristes japonicus を襲うムツクロナガオサムシLeptocarabus arboreus nepta

↑オサムシ類は自身より大きい獲物をとることがよくあるけど、セミを襲っているのは初めて見た。ただ、セミは擬死で地面に転がっていることが多々あるので、死骸とみなして食いついた可能性もある。
結局セミの抵抗が激しすぎて、前脚一本を奪ったのみでこの個体は去って行った。

(2013年9月19日撮影 青森県平川市)


Comment:0    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。