FC2ブログ
2019/06/20 14時00分 (ゾウムシ科)

Gasterocercus longipes

枯れ木に鳥の糞がいっぱいついてるかと思ったらゾウムシで、あまり見覚えのないやつだった。
前脚が大きい♂が産卵中の♀をガードして大型の♂同士で争い、小型の♂スニーカーがペアのまわりをうろちょろしているような感じ。


20190603-DSC_1450-1_s.jpg

こういう乱戦になりがちな環境(カミキリとかと同様に)では極端な二型、♂の闘争形質は生じにくいような気がするのだけども。ふむ。


Comment:0    
2018/08/01 16時37分 (ゾウムシ科)

Exechesops leucopis

↑地面に落ちた種子から羽脱する♂。羽化には1~数年を要し、1個の種子に1頭だけが生育できる。産卵痕のある種子を10個拾って成虫が出てこれたのは2つのみで、ほかの8つはカビに侵されて死んでいた。


P7100033_01-2_s.jpg

↑産卵♀をガードする♂。



P7100034-2_s.jpg

↑♀についてまわる小型の♂。


P7090020_s.jpg

↑大型の♀


Comment:0    
2017/07/29 06時22分 (ゾウムシ科)

クロカタゾウムシ Pachyrhynchus infernalis  西表島 6月

P6050383_s.jpg

↑甲虫の中でも屈指の、非常に堅い外骨格をもつ。大体の人の興味は海外産クロカタゾウムシの島嶼ごとの色彩パターン分布とかにあるようで、世界中にこの仲間ばかり集めている酔狂なコレクターがいるようです。
ところで、鳥に食べられても生きて出てくると聞くけど、本当でしょうかね?

Comment:0