2012/04/30 15時00分 (セセリチョウ科)
恥ずかしながら、ミヤマセセリは見たことがなかった。かなり普通種らしいのだけど。
いたら気が付きそうなものだけど、弘前周辺ではこの時期あのシルエットに遭遇したことはない。



ミヤマセセリ 2012年4月28日 岩手県 (D80 + TAMRON90mm macro)

DSC_2478_s.jpg
(同上)

DSC_2486_s.jpg
(同上)

ちゃんと翅を開いてくれなかった・・・
Comment:0    
2010/01/06 15時03分 (セセリチョウ科)
 新年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

20090808_11_s.jpg
Comment:0    
2009/06/17 00時39分 (セセリチョウ科)
 天気はやや晴れだったものの、アリスアブの産卵は見れず。もっとアリスアブが多産しているポイントがあれば良いのですが。僕の見ている場所はあまり観察に良くないようです。

まあそれはともかくとして、今回はダイミョウセセリの産卵行動がちょうどよく見れましたので、載せておきます。ダイミョウセセリはヤマノイモを食草とするので山地ではかなり普通に見られるチョウですけど、卵の産み方がちょっと面白く、見たいなと思っていました。
 
6月16日
シロツメクサ(クローバー)の花で吸蜜するダイミョウセセリ。


20090616_16.jpg 6月16日
ヤマノイモへの産卵。しばらく尾端をぐりぐりと動かしていました。


20090616_26.jpg 6月16日
産みたての卵。親の体毛がくっつけられてカモフラージュされており、一見すると卵とは思えません。この毛は幼虫が生まれるころには、だいぶはがれ落ちてしまうみたいです。
直径は1mm程。
Comment:0