2014/07/09 12時33分 (ムシヒキアブ科)

ヘリグロリンゴカミキリNupserha marginellaを捕食するオオイシアブLaphria mitsukurii

最近フィールドに出てないわけではないのだけど、これといってめぼしいものを見てないなあ・・・。
ゼフはシーズン入りしていて、手の届かない樹冠を飛んでいるのをよく見る。

(2014年7月8日撮影 青森県弘前市 LUMIX DMC-GH2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro)
Comment:0    
2011/08/01 13時12分 (ムシヒキアブ科)

7月26日 (Panasonic DMC-GF2 + LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH)
↑組み上げられたアカマツ伐採木のうえで、獲物を待つオオイシアブ。見晴らしのよい場所で待ち構え、飛翔している昆虫を捕食します。時折、他の個体が通りかかるとしつこく追い出しにかかるので、この個体のテリトリーと言って良いのでしょうか。


DSC_1750_1178.jpg
同日 (NikonD80 + TAMRON 90mm / F2.8 Di MACRO 272E)
↑ところでネット上ではオオイシアブとチャイロオオイシアブがかなり混同されており、判断基準も曖昧です。
多くは橙色の毛が胸部と腹部にどれくらいあるか等ですが、オスとメスでもだいぶ違うのと、個体差も大きい?などで判断がつきません。
この個体はオオイシアブとしましたが、誤同定の可能性も大いにあります。

Comment:0