--/--/-- --時--分 (スポンサー広告)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
2014/08/15 06時55分 (ナナフシ目)
数年ぶりに探したら全然見つけられず、ようやく見つけたのが2脚を失ったこの個体。

P10206741_s.jpg
シラキトビナナフシ Mikadina fagi

長いことsp.とされていたが、2008年に学名が与えられた。

(2014年8月9日撮影 青森県青森市 LUMIX DMC-GH2 + LUMIX G 14mm/2.5 )
スポンサーサイト
Comment:0    
2009/08/24 15時07分 (ナナフシ目)
  8月23日
ミズナラの葉に擬態するシラキトビナナフシ(Micadina fagi )。あまり上手く隠れていなかったけど、体の色彩が葉のパターンを真似ているのは、何となくわかると思います。


DSC_2513_01.jpg 8月23日

トビナナフシらしく飛ぶ(自力で飛び立つ能力は無いようなので滑空に近い)姿を撮りたいのですが、そういうシーンは滅多に見られないと思われます。意図的に飛ばせれば別ですが、それでは面白くないので・・・・。


DSC_2523.jpg 8月23日
ミズナラの葉を食べるシラキトビナナフシ。


Comment:2    
2009/08/19 10時12分 (ナナフシ目)

8月15日

雑木林内のシラカバにとまっていたシラキトビナナフシ(Micadina sp. )。青森にいるナナフシはシラキトビナナフシとヤスマツトビナナフシの2種。この雑木林はシラキをよく見かける、というか数がやたらと多い。


DSC_1922.jpg

シラキは背面に赤い筋が通る。広く分布するヤスマツに比べて、分布は局所的とのこと。



追記:シラキの学名 Micadina sp. → Micadina fagi

 また、青森県にはシラキトビナナフシ・ヤスマツトビナナフシ、それとエダナナフシの3種のナナフシが分布しているようです。
 (「青森の蝶たち」のze_phさんに教えていただきました。)
Comment:2    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。