2015/05/08 03時33分 (鳥)

Accipiter gularis

ツミのロードキル。
すぐ奥にはアオジと思しき小鳥のつぶれたものが見える。どうやらこれを襲っている時に車にはねられてしまったらしい。
血が新しくついさっき轢かれたものと思われたが、既にカラスに内臓部を抜かれてしまった後だった。

(2015年5月5日撮影 秋田県鹿角郡 Nikon D7100 + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II)

Comment:0    
2015/04/15 17時18分 (鳥)
DSC_87901_s.jpg
Otus elegans

全長20cmほどのフコロウの仲間。夜間、サトウキビ畑でよく鳴いていた。




森の中でもしばしばフクロウの影を見るので個体数は多い。他にリュウキュウオオコノハズクとリュウキュウアオバズクがいる。


(2015年4月3、5日撮影 西表島 Nikon D7100 + TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2, TAMRON 60mm F2 Di )



Comment:0    
2015/04/15 14時14分 (鳥)

Spilornis cheela 成鳥

アジアに広く分布するが、日本では八重山列島のみ。
電柱などから草地を見渡して餌を探しているあたり、こちらでいうノスリみたいな存在と思う。幼鳥は見た目もノスリっぽいのだけど、そちらは遠くて写真が撮れなかった。
ヘビやトカゲを好み、カニや鳥なども捕食するなど八重山の生態系におけるアンブレラ種となっている。

(2015年4月1日撮影 沖縄県石垣市 Nikon D7100 + TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 )


Comment:0    
2011/03/05 14時44分 (鳥)
 大学の同期と、北海道旭川の旭山動物園へ行ってきました。終止天候はよろしくなかったけれど、結構楽しく過ごせたので良かったです。

今回の記事は猛禽オンリー。


SIGMA70-300mmは10~20mの距離ならば良い結果を出してくれるようだった。シャープも悪くないし収差も出にくいなど、新古品で1万円強と破格の割にはかなり上等なレンズだと思う。
... 続きを読む
Comment:0    
2011/02/21 21時14分 (鳥)

2月19日 岩木川
先日購入したシグマの70-300mmで試し撮り。わかっていたことだけど、やはり鳥を撮るには足りない。せめてテレコンをもっていくべきでした。
写真は雪原に降りていたオオワシ(若い個体)。この個体はかなり近い距離でしばらくじっとしていたので、何とか撮ることができました。警戒心の強いオオワシにしては珍しい気がします。
Comment:2