2015/04/10 16時03分 (キンカメムシ科)
3月31日~4月6日まで沖縄県は石垣島、西表島に行ってました。
主目的はヤエヤマヒメボタルなどの陸生ホタル・マングローブと河口域のシオマネキ・ヘビなどでしたが、ヘビに関してはサキシマハブしか見れず、やや消化不良な感じでした。
今度は7月か8月くらいにやんばるや与那国も含めて行ってみたいものですが、台湾に行くのも良いかも?



Calliphara exellens

ナナホシキンカメムシはどこにでもよくいたけれど、単独が多くネットに見るような集団はいなかったのと、擦れた個体が多かったように思う。時期が悪いのか。


DSC_8134_s.jpg

あまりに普通にいたので雑撮りになってしまったった…


(2015年3月31日撮影 沖縄県石垣市名蔵 Nikon D7100 + TAMRON 60mm F2 Di )

Comment:0    
2012/06/09 00時07分 (キンカメムシ科)
今日は天気が悪かったので晴れ間にちょっとだけ、先日マークしておいたアカスジキンカメの幼虫が羽化しているかを確認しに行きました。
結局マークしていたものはどれも羽化していなかったのですが、途中で幼虫一頭を見つけ、また運よく羽化個体も見つけることができました。


P1040686_s.jpg


2012年6月8日 青森県弘前市 (DMC-GF2 + LUMIX G FISHEYE 8mm)
羽化したばかりのアカスジキンカメムシ♂。羽化後完全に体が色づくまでには長い時間を要する(半日以上)が、もう3割くらいは色付いてしまっていたので、数時間は経過している模様。


Comment:0    
2012/06/06 10時50分 (キンカメムシ科)
去年から探していたアカスジキンカメムシの成虫を、やっと野外で見つけることができました。
たいへん美しいカメムシです。あと、あまり臭くないのも良い(これは大事)。

それにしても暑い日でした。6月初めとは思えぬ強烈な日差しの中、気温は27度以上まで上がったとか。気温の上がり方が急激すぎて対応できません・・・


アカスジキンカメムシ 2012年6月5日 青森県弘前市 (GF2 + LUMIX G FISHEYE 8mm)
魚眼の練習をば。このレンズ、楽しいです。


P10406311_s.jpg
(同上)
キンカメムシ類は小楯板が腹部を覆っており、まるで甲虫のような風貌。本種はじめ外見の派手なものが多い。



P1040575_s.jpg
終齢幼虫も2頭だけ発見。
本来は幼虫が集団をつくるはずなのですが、1頭ずつ散発的にしか見たことがありません。なんでこんなに少ないのか・・・
Comment:0    
2011/06/08 12時49分 (キンカメムシ科)

6月5日 
↑アカスジキンカメムシの終齢幼虫。幼虫は終齢で越冬し、そろそろ羽化の時期です。
ホストであるミズキやキブシの葉・果実をみていると見つかりますが稀で、個体数は多くありません。弘前市周辺での本種の分布は薄く広く、という感じがしますがどうなんでしょう?

幼虫はこのとおり鳥の糞に擬態しているようなカラーですが、成虫は鮮やかな緑色光沢を持ち大変美しいカメムシです。



Comment:0