2011/07/11 22時24分 (カレハガ科)
先日、採集しておいたヨシカレハの蛹が羽化しました。
開張7~9cmほどの大型種で、場所によっては毎年夥しい数が発生します。そこらじゅうに繭があるため、作業中にうっかり素手で繭をつぶしてしまった際には激痛が走りました。幼虫は触っても何ともないのですが、蛹はちょっと気をつける必要があります。

DSC_1388_1084345.jpg
7月10日羽化
↑ヨシカレハのメス
横幅のある重厚な好湿性の蛾。黄金色で大変美しい。
食草は低層湿原に優占する葦で、初夏、茎に分厚い繭をつくって蛹化する。水位変動の大きい湿地環境への適応なのだろうか。


Comment:0