2017/09/03 03時11分 (コガネムシ科)
5月に撮影していたコガネムシを。いまさらながら。


20170519-DSC_1476_20170903022030dcd_s.jpg

20170519-DSC_1484_20170903022041a05_s.jpg

P5190038_s.jpg
ナラノチャイロコガネ Proagopertha pubicollis ♂  

マグソクワガタと同じく、日当たりのよい春の河原に現れ、多数の♂が砂地や草地の上を群れ飛びます。案の定、この種の♀もあまり飛ばないし♂に比べて数も少なめです。というわけで両者の生態はほぼ一緒なのですが、ナラノチャイロコガネのほうはマグソクワガタが活動するよりほんの少し早い時期、しかも短い期間にだけ活動するようなので、そのあたりで多少棲み分けているのかなーと。

P5190071_s.jpg


↑雌雄の見た目の違いは大きくないから、闇雲にルッキングしているのでは見つけにくい。とはいえ飛び方は雌雄で明らかに違うので、マグソ♀を探すときと同じ要領で探せばさほど難しくはないです。



Comment:0    
2017/08/28 11時37分 (ハンミョウ科)
20170705-DSC_1613_s.jpg
オキナワハンミョウ Cicindela chinensis okinawana  沖縄本島北部


20170705-DSC_1616_s.jpg




↑夜間、山道の下草で休息している個体。ライトを一度あてただけで触角が起き上がってしまう。




Comment:0    
2016/12/23 06時44分 (コガネムシ科)

Protaetia orientaris

たぶん、シロテンハナムグリ。
およそ本種の生息環境とは思えない場所に毎年多数発生しており、どいつもこいつも草の汁を啜っている。
発生場所はあれしかなさそうな気がするのだが、正直よくわからない。これも来年には解決したい案件。

Comment:0    
2016/08/05 15時27分 (コガネムシ科)

Aphodius brachysomus

横幅があるので、細身なマグソコガネ類の中ではかなり大きく見えるほう。万年筆のペン先のような形の大きな小楯板が特徴。
北海道から沖縄まで分布するが九州以外では激減してしまった種だそうで、この青森にまだ生き残っているとは思わなかった。

で、ダイコクコガネはどこにいるのか。



Comment:0    
2016/08/05 15時18分 (クワガタムシ科)

Aesalus asiaticus asiaticus

新芽に飛来した例は初めてと思われる。
マダラクワガタは赤枯れ材をぶっ壊したものからたくさん採集されているのを見るが、材から脱出した後の成虫の生態についてまるでわかっていないらしい。この時期は意外な場所でぽつぽつスイープなどで採集されているようなので、もしかしたらコルリクワガタなどと同じような類の虫なのかもしれない。

なお来訪する植物が決まってるわけでもなさそうな気がするので、再現性は得られないと思う。


(2016年5月13日撮影 青森県弘前市 Nikon D7100 + TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di + extension tube)

Comment:0