2012/06/19 13時00分 (ハバチ科)
P1040913_s.jpg

ある樹から白い綿のようなものがたくさん出ていた。もちろん植物が出しているものではなく、ある種の幼虫が出す大量の蝋物質である。真っ先に思いつくのはアゲハモドキの幼虫だけど…


P1040906_s.jpg

密集しているところでは一枚の葉に3~4つほどついている。アゲハモドキでこの密度は考えにくいし、食樹もミズキやヤマボウシではない・・・となるとやはりあれか。・・・ちょっとがっかり。




ハバチ一種の幼虫
2012年6月18日 岩手県滝沢村 
(DMC-GF2 + M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm ⅡR)

ミツクリハバチ、ババシロアシマルハバチ、クルミマルハバチなどの幼虫が蝋を出すとのこと。どの種かはホストで判断するらしいのだけどそのホストがよくわからないものだから困った。ミツクリハバチはハンノキ類を広範に食べているみたいなので、この中で一番可能性が高いのはミツクリだと思う。

撮影後、体のあちこちに蝋が付いていてとるのが大変だったなど。

Comment:0