2014/09/14 23時51分 (ナミヘビ科)
ここ数週間ほど体調が芳しくなく、あまり動けないでいた。
最近はまあまあ良くなってきたし、ある程度運動したほうが良いとのことなので今日は山道を歩いてリハビリ。
あまり動き回れないので特に成果も無く悲しかったが、帰り際にひょっこりジムグリが出てきてくれて少し救われた。


ジムグリ Elaphe conspicillata 成蛇

春と秋には昼間でもよく活動する。

(2014年9月11日撮影 青森県弘前市 Nikon D90 + TAMRON 60mm F2 DiⅡ)

Comment:0    
2014/07/09 12時33分 (ナミヘビ科)

シマヘビ Elaphe quadrivirgata

立ち枯れの樹皮下に潜んでいた幼蛇。脱皮直前で目が白っぽくなっている。


(2014年7月7日撮影 青森県弘前市 LUMIX DMC-GH2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro)
Comment:0    
2014/04/29 21時07分 (ナミヘビ科)

Elaphe climacophora

昼過ぎ、日光浴をしていた50㎝くらいのアオダイショウ。今年初ヘビなのでじっくり撮影したかったのだけど、切り株の下に素早く潜られてしまい、これ1枚しか撮れていない。ヘビの撮影って難しい・・・(そもそも狙って遭遇できてない)。
ところでジムグリといい、小型哺乳類喰いのヘビはやはり活動時期が早い。春はネズミやモグラの繁殖期なので、これらの巣に侵入して赤子を食べるらしい。

(2014年4月29日撮影 青森県黒石市 LUMIX DMC-GH2 + 14mm/F2.5)


Comment:0    
2013/05/11 00時10分 (ナミヘビ科)
 今年の初ヘビ。
 
20130510-DSC_7450_s.jpg
ジムグリ Elaphe conspicillata
↑黒斑が残っている、若い個体。青森のヘビ類が越冬から目覚める頃合いがまだよくわからんのだけど、こいつは越冬明けとは思えぬくらい肥えているし、意外と早い時期から活動しているのかもしれない。




↑ネズミ・モグラなどの小型哺乳類を専食し、特に幼獣を好むとのこと。確かにアオダイショウなど他のヘビと比べてあまり頭・口は大きくない感じなので、これでアカネズミやアズマモグラの成体を丸呑みにするのは厳しそうである。

(2013年5月10日撮影 青森県弘前市)


Comment:0    
2013/01/01 00時01分 (ナミヘビ科)
新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

DSC_5277_03_s.jpg
(2012年7月14日撮影 弘前市)

巳年ですね。今年もいろんなヘビに会いたいです。

Comment:0