--/--/-- --時--分 (スポンサー広告)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
2015/04/12 19時47分 (イシガメ科)

Cuora flavomarginata

運転中、遠方に何やら転がっていたので見ると、例のカメだった。見つけた時にはこんな状態で、通り過ぎた車に驚いてひっこんだのだろうと思う。何度か道路を横断中の個体を目撃してるので、こうして結構な数が轢かれてしまっているのかも。こいつは運が良かった。

DSC_8507_s.jpg

森へお帰り。


(2015年4月1日撮影 西表島 Nikon D7100 + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II , TAMRON 60mm F2 Di )

スポンサーサイト
Comment:0    
2015/04/12 19時12分 (トカゲ科)

Plestiodon kishinouyei

最大全長40cmにもなる日本最大のトカゲで天然記念物ですが、写真のように道路上で寝そべっているので交通事故が絶えない、かわいそうなトカゲ。しかもちょうど左輪でつぶしそうな位置にいることが多い。
人間には敏感でまるで近づかせてもらえないのだけど、車はてんでダメなよう。実際一日に2~4個体くらいの轢死体を見る。

(2015年4月1日撮影 沖縄県石垣市 Nikon D7100 + TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 )




Comment:0    
2015/04/11 11時24分 (カナヘビ科)
DSC_8364_s.jpg
Takydromus dorsalis

樹上性のカナヘビ。緑色の鱗が美しい。




(2015年4月2日撮影 西表島 Nikon D7100 + TAMRON 60mm F2 Di )


Comment:0    
2015/04/11 11時00分 (アガマ科)

Japalura polygonata ishigakiensis

滞在中、最もよく見たトカゲ。石垣島ではインドクジャクに食べられて個体数が減っているとかなんとか。

人の気配を感じると、ヨコバイやツノゼミのように死角に隠れるように動く。
回り込むといつの間にか木から飛び降りたのかいなくなってることが多く、なかなか忍者。

DSC_8357_s.jpg
小型の褐色個体

(2015年4月2日撮影 西表島 Nikon D7100 + TAMRON 60mm F2 Di )


Comment:0    
2014/09/14 23時51分 (ナミヘビ科)
ここ数週間ほど体調が芳しくなく、あまり動けないでいた。
最近はまあまあ良くなってきたし、ある程度運動したほうが良いとのことなので今日は山道を歩いてリハビリ。
あまり動き回れないので特に成果も無く悲しかったが、帰り際にひょっこりジムグリが出てきてくれて少し救われた。


ジムグリ Elaphe conspicillata 成蛇

春と秋には昼間でもよく活動する。

(2014年9月11日撮影 青森県弘前市 Nikon D90 + TAMRON 60mm F2 DiⅡ)

Comment:0    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。