--/--/-- --時--分 (スポンサー広告)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
2010/06/29 12時12分 (ホタル科)
 ゲンジボタルが飛ぶ頃、よく見間違われるのがクロマドボタルの幼虫。腹端に発光器がありよく発光しますが、その光はゲンジなどと比べると小さく弱いので、下草を注意して見ないとみつかりません。
青森県が北限で全国的に普通種。ホタル幼虫のなかでは一番見つけやすいはずなのに、なぜか見つけられずにいました。クロマドの成虫は雌雄の性的二型が顕著で、その生態とあわせてやってみたいと思っていました。
ともあれ、割と見やすい生息地が見つかって良かったー・・・。



6月26日
クロマドボタル( Pyrocoelia fumosa ) の幼虫(全紋型)。夜間、発光しながら草や木に登る。発光は獲物をおびき寄せるためと考えられていて、誘われてきた貝類などを捕食するといわれるが、定かではない。
光にはかなり敏感なようで、位置を確認するため少しライトを使っただけで発光を当分の間止めてしまう。これの発光を野外で撮るのは相当に厳しい。

なお、ゲンジ・ヘイケボタルなどが水生ホタルであるのに対し、ヒメボタル・クロマド・オバボタルなどは陸生ホタルと呼ばれ、後者がホタル科のほとんどを占めている。それに加え両タイプの中間的な、半水生ホタルといわれるスジグロボタルという種もある。
いずれのタイプでも貝類を主食とするのは共通しているが、陸生のほうがずっと広食性。
関連記事
スポンサーサイト
Comment:2    
2010/06/27 15時06分 (ホタル科)
 ちょっと早いかなと思いつつホタルを見に行ったら、ゲンジボタルが出ていました。ヘイケボタルはまだのようです。毎年発生を確認しに来ている人の話からしても今が出始めのようなのですが、それにしてはちょっと数がでているような。この先数日は雨や曇りが多いので、ピークは多分7月の1~3日くらいでしょう。


DSC_7145_1_s.jpg
6月26日
発光するゲンジボタルのメス。D80の多重露出を使って撮影(暗めに補正)。メスはほぼ連続的に弱く光り続け、ある間隔で強く発光する。

DSC_7140_1_s.jpg
同個体の発光を側面から。
関連記事
Comment:2    
2010/06/27 02時08分 (ホタル科)
 僕は特に~屋(チョウ屋、トンボ屋など)と名乗ってはいませんが、自分の趣向としては甲虫屋寄りなのだろうと思ってます。
一括りに甲虫屋といっても実に多様にあるわけですが・・。最近は特にホタル類とカミキリ類が面白いかなと。
甲虫は大体好きですが、この2つが最も夢中になれそう。




6月26日 
オバボタル( Lucidina biplagiata )のオス。陸生ホタルの1種で、幼虫は陸生貝類やミミズなどを捕食する。成虫は弱い発光器はあるものの、ほとんど発光せず配偶行動時には代わりにフェロモンを用いる。
ちなみにメスは飛ばずに隠れているのでめったに見られず、やや難物とのこと。オスの追跡で見つけられんものだろうか?


関連記事
Comment:0    
2010/06/24 11時56分 (ウスバカゲロウ科)

6月23日
↑↓コマダラウスバカゲロウの羽化。飼育下にて24時ごろ。

DSC_7053_s.jpg

野外でも羽化の時期だろうか。ホタルを見に行くついでに確認したいけど、発生地は神社だし近くに民家がある。いろんな意味で危ない・・・。
関連記事
Comment:0    
2010/06/17 11時24分 (カマキリ科)

6月5日
関連記事
Comment:0    
2010/06/15 16時10分 (オサムシ科)

6月13日
↑林床を歩き回っていた5~6mmほどの小さなゴミムシ。何か普通のゴミムシとは異質な気がしたので見ると、メダカゴミムシの一種でした。
よく見られるメダカチビカワゴミムシとは違っていたため帰ってから調べてみると、ミヤマメダカゴミムシという種らしいことがわかりました。
メダカゴミムシ類やハンミョウモドキ類は大きく発達した複眼が特徴で、前者は主に森林に、後者は湿地帯に生息しています。ハンミョウモドキは以前から湿原で探してはいましたが、まだお目にかかったことすらありません。
採るのはそんなに難しくない、という話なのですが・・・。

関連記事
Comment:0    
2010/06/13 18時38分 (植物)

6月13日 
ブナ林を歩いていたら、ギンリョウソウ(銀竜草)がいくつか生えていた。菌類と共生することで栄養を得る菌従属栄養植物の一つ。
白くてきれいかもしれないけど、薄暗い林床ではシロタマゴテングタケみたいでちょっと薄気味悪いかも。そんな気がする。


関連記事
Comment:0    
2010/06/10 14時16分 (両生)

6月6日
渓流でハコネサンショウウオの幼生を見つけました。大きさは4cmくらいで去年生まれたものでしょう。黒いまだら模様があるので、変態してからしばらく経ったものと思います。
捕獲しようと試みましたが、素手では無理でした。携帯できる網を1つ持っていたほうが良いのかも。
関連記事
Comment:0    
2010/06/06 23時31分 (未整理)


DSC_6606_s.jpg
エリトラに明瞭な2対のコブをもつゾウムシ。このコブはシロコブ・ヒメシロコブゾウムシの特徴ですが、手持ちの図鑑にはこの特徴を持つ他の種は載っていません。しかし両種とは明らかに体色など違うし、集まっていた食草も一致しなかったため、別種を疑ってみることにしました。

Webで調べたところ、ヒメシロコブの近縁種でコシロコブゾウムシという種が一番可能性があると思われます。
が、情報が無いのでそれ以上のことは今のとこ不明です・・・。


関連記事
Comment:0    
2010/06/06 01時54分 (マドガ科)


↑↓マドガ。とても小さい昼行性の蛾で、草地に多い。

DSC_6400_01_s.jpg
Comment:0    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。