--/--/-- --時--分 (スポンサー広告)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
2012/04/30 15時00分 (セセリチョウ科)
恥ずかしながら、ミヤマセセリは見たことがなかった。かなり普通種らしいのだけど。
いたら気が付きそうなものだけど、弘前周辺ではこの時期あのシルエットに遭遇したことはない。



ミヤマセセリ 2012年4月28日 岩手県 (D80 + TAMRON90mm macro)

DSC_2478_s.jpg
(同上)

DSC_2486_s.jpg
(同上)

ちゃんと翅を開いてくれなかった・・・
関連記事
スポンサーサイト
Comment:0    
2012/04/30 14時39分 (植物)
山間の湿地に群生していたミズバショウ


2012年4月29日 岩手県 (D80 + SIGMA17-70mm macro)


DSC_2579_s.jpg
(同上)


関連記事
Comment:0    
2012/04/27 03時42分 (シャクガ科)
大学の同輩であるze_phさんに、フチグロトゲエダシャクのポイントへと案内していただいた。

着いたのはどこにでもありそうな河川沿いの草地で、フチグロはその一角に発生しているとか。
噂には聞いていたが、この蛾は本当に何の特徴もないオープンランドに生息しているので驚いた。これは自力じゃ見つけられないなあ・・・。

連れて行ってくれたze_phさんに感謝。

DSC_2403_s
フチグロ♂ 2012年4月25日 (D80 + TAMRON90mm macro)

↑この日は天候があまり良くなかった(強風)ものの、風に流されながらも飛翔する1♂をなんとか発見し、憧れの蛾との対面を果たした。
体格の割に大きく発達した触覚と、淡い色の翅が他の蛾にはない魅力を放っている(気がする)。

ただ、セセリ並みの飛翔能力もこの日の強風の前では発揮できず、フチグロの本領を見るに至らなかったのは少し残念。
↓仕舞いにはこのやるせなさ(笑

DSC_2422_s
(同上)



関連記事
Comment:0    
2012/04/22 05時02分 (ヤガ科)

スギタニキリガ 2012年4月21日 (D80 + TAMRON90mm macro)

ようやく早春性のキリガが出てきました。一頭だけ。


関連記事
Comment:0    
2012/04/19 23時17分 (哺乳)
日没後、ごそごそ樹を上る音とやや大きめでスレンダーなシルエットが見えた。
何だテンか・・・と思いつつとりあえず撮ってみたところ、額に白線がある。・・・テンどころかイタチ科でもなかった。


DSC_2283
ハクビシン 2012年4月19日 弘前市 (D80 + TAMRON90mm macro)

↑食肉(ネコ)目ジャコウネコ科。現在では移入種とみられており、43都道府県で確認、各地で駆除対象になっているなど。
よく見たらテンよりもちょっと大きい・・・
関連記事
Comment:0    
2012/04/18 23時03分 (ヤガ科)
糖蜜にはまだ成虫越冬のキリガしか来ません。
今日の夜はやや冷え込んだのもあって蛾の集まりが良くなかったのですが、思いがけず良い種が飛んできたのでまあ良しとしましょう。
あと近くの茂みから突然飛び出してきたタヌキ、おまえは許さん。


DSC_2262_s
ウスアオキリガ 2012年4月18日 (D80 + TAMRON 90mm macro)
↑ややオリーブ色がかった翅をもつ美麗なキリガ。
ふつうは高地で採れるということだったので、来るとは思わなかった。今日唯一と言っていい収穫。
海抜100m前後の低山地でこういうものが見れるのは、北国の良い所の一つだと思う。


DSC_2258_s
ブナキリガ
・・・で合ってるのかな。ホソバキリガとくりそつ。


DSC_2270_s
糖蜜を吸うスモモキリガ

関連記事
Comment:0    
2012/04/14 23時27分 (ヤガ科)
弘前市の山地はまだ雪に覆われたまま。去年・一昨年と比べてもかなり遅いペースの春です。

去年からやりたかったキリガの糖蜜採集を昨日からやり始めているのですが、早春性キリガにはまだ早いようで、成虫越冬のキリガがくるばかり。それでもこの時期に近場で蛾を見れるってのはやっぱり楽しくて、ついつい寒さを忘れて長居してしまいます(笑)
あと、夜に山の中で一人歩きってのも結構楽しい・・・ですよ??


↓以下、糖蜜に寄ってきた蛾たち。(Nikon D80 + TAMRON 90mm macro)


DSC_2254.jpg
↑ホシオビキリガ黒点型・白点型


DSC_2222.jpg
DSC_2236.jpg
↑個体変異が激しいというミヤマオビキリガだと思うのだけど・・・。下は糖蜜を含んだ脱脂綿から吸汁する個体。


DSC_2245.jpg
↑ホソバキリガ


DSC_2216.jpg
DSC_2252.jpg
↑スモモキリガ。今日見た中では大型種


どれもメジャーなキリガばかりだと思うけど、久々に蛾をたくさん見れたので僕は満足。早春性の種が出てくる頃にまたやろう。
(※脱脂綿は回収しました)

関連記事
Comment:0    
2012/04/06 01時28分 (ハナアブ科)


ムツボシハチモドキハナアブの♂ 2011年6月11日 (NikonD80 + TAMRON 90mm macro)

種同定に参照したサイト: ハナアブの世界 http://homepage2.nifty.com/syrphidae/index.htm
関連記事
Comment:0    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。