--/--/-- --時--分 (スポンサー広告)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
2013/05/28 08時26分 (イボタガ科)
4月・5月とも気温が低く雨が多かったせいで、青森の春は全体的に遅れています。
内陸の低山地では、ようやくエゾヨツメとイボタガが出た頃。


20130526-DSC_78201_s.jpg
イボタガ Brahmaea japonica
↑常夜灯に来ていた個体のやらせ写真を撮って楽しんだ。これは雄・・・なのか?

(2013年5月26日撮影 青森県平川市)

関連記事
スポンサーサイト
Comment:0    
2013/05/25 21時29分 (ツノトンボ科)
今年こそはキバネツノを見ようと思い、山形まで行ってきました。
青森県では確か戦後の記録がなく、岩手・秋田の記録も良くわからなかったので、ならばポツポツ記録があるらしい
山形まで行けばそれなりに見つかるんじゃなかろうかと思った次第。

結果首尾よく見つかったから良いものの、下手をすれば坊主も十分にあり得たリスキーな旅でした。
旅費が無駄にならなくて本当に良かった・・・。


20130523-DSC_7525_s.jpg
キバネツノトンボ♂  Libelloides ramburi
... 続きを読む
関連記事
Comment:0    
2013/05/11 00時10分 (ナミヘビ科)
 今年の初ヘビ。
 
20130510-DSC_7450_s.jpg
ジムグリ Elaphe conspicillata
↑黒斑が残っている、若い個体。青森のヘビ類が越冬から目覚める頃合いがまだよくわからんのだけど、こいつは越冬明けとは思えぬくらい肥えているし、意外と早い時期から活動しているのかもしれない。




↑ネズミ・モグラなどの小型哺乳類を専食し、特に幼獣を好むとのこと。確かにアオダイショウなど他のヘビと比べてあまり頭・口は大きくない感じなので、これでアカネズミやアズマモグラの成体を丸呑みにするのは厳しそうである。

(2013年5月10日撮影 青森県弘前市)


関連記事
Comment:0    
2013/05/02 02時23分 (シャクガ科)
20130501-DSC_7395_s.jpg
トビモンオオエダシャク♂

早春を告げる蛾。

(2013年5月1日撮影 秋田県大館市)


関連記事
Comment:0    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。