FC2ブログ
2011/05/26 08時21分 (オサムシ科)
用事ついでに立ち寄った砂浜が珍しく良い環境だったので、もしや・・と流木をひっくり返してみたところ、期待通りにヒョウタンゴミムシが出てきました。実は初見なので、凄く嬉しいです。
思いがけない良いムシを前に、荷物になると思って一眼レフを家においてきてしまったことを後悔しました。やっぱポケットに入るくらいのカメラが必要だなあ。



5月26日 室内 (NikonD80 + TAMRON SP AF 90mm F/2.8D 272E) 
ヒョウタンゴミムシ( Scarites aterrimus )。
体長20mmほどの海浜性ゴミムシで、砂浜のスカベンジャー。
砂浜海岸の後浜などに巣穴を掘って生活する、きわめて特異な生態を持つ虫です。昆虫類にとって危険な高い塩分濃度に対して本種がどのように適応しているのかなど、興味のあるところ。
 
そういえば、ヒョウタンゴミムシの2倍強の大きさがあるオオヒョウタンゴミムシは青森県にも分布しているのだろうか? とりあえず日本海側にはいる気がしないけれども・・・。
関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/153-3ee87222