FC2ブログ
2011/12/29 19時37分 (ツノゼミ科)
 今シーズンはホタルとツノゼミの産地探しに夢中でした。ホタルに関してはクロマドボタルとスジグロボタルの時期を逃してしまったものの、オオオバボタルの発生地など見つけられたのは良かった。
ツノゼミは去年の冬頃に図鑑で見てから来年はこれも狙おうと画策していたのですが、どうやら世間の一部ではツノゼミブームが起こっていた?らしく・・・6月下旬に「ツノゼミ ありえない虫」(丸山宗利著/幻冬舎)が刊行される直前になって、ようやく気付いたのでした。
そういうわけで知らずのうちに流行りに乗ってしまったわけですが、国内種の情報が探しても少なかったこともあり、僕にとってはまさに渡りに船。おかげで県内で確認されている種の大半は見つけることができました。
日本産種に比べて外国産ツノゼミの多様性・異様さには驚かされるばかりですが、段々と単純な形態のマルツノゼミ属が好きになってくる不思議。実に不思議だ・・・

DSC_1701_01.jpg
オビマルツノゼミ 7月24日

いつの間にか今年もあと数日ですね。皆様、良いお年を。

関連記事
Comment:4    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/210-450c620e