FC2ブログ
2012/06/13 22時51分 (ツノゼミ科)
パナの9mm魚眼は被写体にレンズ前端から3cmまで寄れるのですが、そこまで近づくとストロボ光をまわすのが結構大変です。
ディフューザーとスレーブなど工夫しないといけません・・・。



フジに寄生するオビマルツノゼミの幼虫と、甘露に集まるクロヤマアリ
2012年6月13日 青森県平川市
(DMC-GF2 + LUMIX G FISHEYE 8mm) トリミング

P1040792_s.jpg
(同上)
「ツノゼミを探すにはアリを探せ」とのことだったので実践してみたところ、まさにその通り。いとも簡単に幼虫を見つけることができました。この調子で、去年見つけられなかったマルツノゼミ2種とニトベツノゼミの幼虫もイケるんじゃないかと妄想中。



関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/246-b4f53cc1