FC2ブログ
2012/07/22 00時54分 (虫草)
なかなかに良いものを見つけた。これはしばらく経過観察など楽しみです。


アリタケの一種に侵されたムネアカオオアリのワーカー
2012年7月21日 

感染したアリが大顎で枝をかんだ状態でこと切れていること、頭部と胸部結節の間から結実部が現れていることからもコブガタアリタケTorrubiella sp.と思われます。ムネアカオオアリに(他のオオアリ属にも?)特異的に寄生する冬虫夏草で、アリタケの中でも極めて稀であるとのこと。
一つあれば近くにたくさん見つかるということをさっき知ったので、近々探索してみようと思う。

関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/260-256146f3