FC2ブログ
2012/07/27 22時50分 (ホタル科)
スジグロボタルの発生地を教えて頂いたので、昨日今日と続けて見てきました。

スジグロボタルは世界のホタル科の中でも極めて珍しい、半水生のホタルです。湧水など冷たい水が流れ込む薄暗い湿地が本種の生息条件であり、発生地における個体数も少ないなど本州産のホタルの中では最も得難い種だと思います。


DSC_5679_s.jpg
スジグロボタル Pristolycus sagulatus sagulatus 
2012年7月27日 白神山地にて

↑紅色の上翅と明瞭な黒色の縦筋が特徴。何ともエレガントなホタルであると思う。


DSC_5637_s.jpg
(同上)
↑触覚が発達しており、配偶コミュニケーションは光ではなく性フェロモンを用いて行う(幼虫・成虫とも発光器を持ち、近年その発光も確認されている)。昼行性のホタルであるが背光的であり、湿地の日陰になった部分を意外と速く飛ぶ。体長5~8mm。


DSC_5683_s.jpg
葉上での交尾

↑この類のホタルは♀の数が非常に少ない・かつ♂以上に背光的で、滅多に見える場所に出てこない。
何時間もアカウシアブと戦ったり、深みにはまって足が泥だらけになったりした甲斐があったというもの。



関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/265-ac6d7e8f