FC2ブログ
--/--/-- --時--分 (スポンサー広告)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
2012/08/23 00時37分 (ヤガ科)
シタバガ類は後翅表の美しさから人気がある蛾で、Catocala(カトカラ)と呼ばれ愛好されています。
僕もすごく好きなのですが、灯火以外ではあまり目につかないので縁がありませんでした。夜間に樹液巡りをすると比較的簡単に、じっくり見れるので大変良いということを実感しました。今回はほぼベニシタバのみでしたので、種数が見れれば言う事なしですね。





DSC_6160_s.jpg

DSC_6170_s.jpg
ベニシタバ Catocala electa

ハルニレ・ヤナギに開けられたシロスジカミキリの産卵痕・幼虫の食害部分から出る樹液に集まっていた。1つの樹液酒場につき1~2頭くらいの頻度。後翅の紅色が美しく、印象的である。
西日本の一部では少ない種らしい。


(2012年8月21日撮影 青森県青森市)


関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/280-91d7ff2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。