FC2ブログ
2012/09/11 10時32分 (ホタル科)
撮り溜めてたものを消化しておきたい気分。

朽木に棲む変り種の蛍、オオオバボタルばかり載せましたが、特に目新しいこともありません。ツノゼミを追っていたらこれのことを失念していて撮りたいシーンが撮れなかったので、来年に持ち越し。



P1070009_s.jpg

↑この種の♂は発生倒木の周り、それもおそらく羽化前の♀が潜んでいる場所に集まる習性があり、半径1m未満の範囲に10以上の♂が静止していることも。
刺激を与えない限りは微動だにせず、じっと♀の羽脱を待ち続けます。


DSC_5299_s.jpg

DSC_5470_01_s.jpg

↑飛び立とうとするオオオバ♂。飛翔中はフェロモンを追っているのか、実に変則的な飛び方をします。


DSC_5393_s.jpg
幼虫
↑夜間、倒木下で発光していた幼虫。普段は倒木に空いた空間の中に潜んでいますが、夜間に倒木上に這い出してくることがあります。発光は強い、という話だったのだけど全然そんなことはなくて、クロマドボタルの幼虫よりちょっと明るいくらい。

(2012年7月17、19日撮影)


関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/286-a58cfa55