FC2ブログ
2014/08/21 20時25分 (カマキリモドキ科)

キカマキリモドキ Eumantispa harmandi

外灯に飛来したもの。ヒメカマキリモドキの大型個体くらいで、本種としてはかなり小さいサイズの個体。
キカマキリモドキの方が体サイズのバラつきが大きいのは、ヤチグモ類・コモリグモ類といった徘徊性クモを広範に宿主とするためだろうか。いずれは幼虫の生態も見てみたいところ。

P1020938_s.jpg
光に誘引されて飛来してくる小昆虫を狙う。捕食するために発達した前脚の鎌だが、あいにくカマキリ類のようなスゴ技はないようで、やたら失敗している。しばらく見ていたが、この個体は結局何も捕れず。

(2014年8月19日撮影 青森県平川市 LUMIX DMC-GH2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro)

関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/381-110c3fa2