FC2ブログ
2009/08/06 22時55分 (スズメガ科)
 ホウジャク(蛾)の中には翅が透けている(羽化後、鱗粉を落とす)ものが数種いて、色彩や行動等もハチに擬態していると考えられています。オオスカシバは最も知られている種ですが、東北にはいないので僕にとっては図鑑の中だけの憧れの虫です。
 ちなみにハチに擬態するガといえばスカシバガ科の仲間ですが、ホウジャクはスズメガ科に属するので、名前にスカシバと入っていようが全く別の種類です。


8月6日 
ガガイモの花で吸蜜していたクロスキバホウジャク。
 大型で、オオスカシバと同等まではいかないけれど、それに迫る魅力を感じました。東北にもこんな良い種がいたんですね・・。
Webで調べてみたらかなり身近にかつ普通にいるそうで、今まで見なかったのが不思議。

今回はほんの数秒でいなくなってしまい帰ってこなかったので、こんな画像ぐらいしかないのが残念です。
青森県平川市にて

関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/44-36ad9d15