2015/11/23 23時14分 (Thailand)

Arhopala centaurus nakula

↑オオムラサキツバメという和名がついており、タテハと見間違うくらいの巨大なシジミチョウ。ツムギアリの巣の周辺にのみ飛んでいた。

20151123210501db2_s.jpg
Arhopala sp.Hypolycaena erylus の幼虫とツムギアリ

↑巣周辺の葉を調べていくと、本種の幼虫らしいものも見つかった訂正。Hypolycaena erylus エリルスフタオルリシジミの幼虫とのこと(コメント参照)。日本のムラサキシジミNarathura japonica の幼虫は蜜を出してアリを随伴させるが、Hojo et al.(2015)によれば、この蜜を食べたアリは、歩行活動が減って幼虫の周りに長くとどまるほか、外敵に対して攻撃的になるそうである。また、この時のアミメアリの脳内物質を調べるとドーパミンの減少が見られたことから、シジミチョウ幼虫がアリの脳内ドーパミン量を変化させて行動を操作していることがわかったとのこと。
この属でも同様なのだろうと思う。

参考) Hojo, M. K., Pierce, N. E., & Tsuji, K. (2015). Lycaenid caterpillar secretions manipulate attendant ant behavior. Current Biology, 25(17), 2260-2264.


201511232108168b5_s.jpg

↑たぶんオオムラサキツバメの卵。


DSC_2189-4.jpgDSC_2192_s.jpg

↑ツマムラサキマダラEuploea mulciberあたりのマダラチョウ類の蛹。右は羽化直前で、黒くなっている。


DSC_2190_s.jpg

↑同じ木にいた終齢幼虫。


Acraea terpsicore_s

↑ヘリグロホソチョウAcraea violae と思う。


DSC_2432_s.jpg
Tanaecia julii

↑カオラック国立公園にて。やっぱりイナズマチョウはいいなあ。普通種でも嬉しい。


DSC_2303_s.jpg

↑尾状突起が二対あるシジミチョウ。よくわからない。Hypolycaena erylus エリルスフタオルリシジミ。ツムギアリとともに、どこにでもいる普通種だそう。

(2015年6月27日~7月2日撮影  タイ・パンガー県 Nikon D7100 + TAMRON 60mm F2 Di )


関連記事
Comment:2    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/469-2de6d144