FC2ブログ
2009/08/12 19時13分 (スズメガ科)
 今日はこの間見つけたクロスキバホウジャクを狙いに行きました。翅が透けていて、蜂に擬態しているホウジャクガの一種です。(ちなみにホウジャクとは蜂雀と書き、蜂雀(ハチスズメ)とはハチドリのことを指していて、ホバリングしながら花の蜜を吸う姿が似ていることから付けられたそうです。)

 最初は、あまり大した擬態ではないのかなと思っていましたが、飛翔スピード・羽音は蜂のそれに近く、飛んでいる姿も(多少は)蜂に見えなくもありません。何より意外だったのは、近づいたときにスズメバチのように威嚇してきたことです。威嚇はすぐ目の前まで急に迫ってきて、すぐに引き返していく程度でしたが、蜂らしいことは大抵やってのけているんだなぁと、感心しました。


8月12日 
↑クロスキバホウジャク(Hemaris affinis )。羽化したばかりと思われる綺麗な個体。
 ガガイモの花は吸蜜しやすいのか、今の時期には主要な蜜源になっているらしいです。


20090812_32_01.jpg 8月12日
↑吸蜜ホバリング。
 スキバホウジャクかと思いましたが、多分尾の毛がほとんど抜け落ちてしまったクロスキバ。

20090812_35.jpg 8月12日


20090812_40.jpg 8月12日

 ホウジャク類はこれから10月にかけて2化目の成虫が発生してくるので、なるべく多くの種を見たいと思いWeb等で調べているのですが、ホウジャクに関する情報は多くないようです。クロスキバに関しては一般種にもかかわらず詳しい生態が全然見つかりません。訪花の時間帯は大体の幅が想像できたものの、配偶行動や産卵についてはさっぱりです。
 何か良い文献とかないでしょうか・・・。
関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/49-0a017b6c