2017/07/02 21時53分 (ナンバンマイマイ科)

ウラキヤマタカマイマイ Satsuma (Luchuhadra) hemihelvus  宮古島
 
↑宮古諸島に固有のヤマタカマイマイ。殻底が黄色いのでウラキ。沖縄や奄美にはヤマタカマイマイ類が多く島ごとに種分化していますが、先島諸島では宮古のみに生息しており、石垣や西表にはいません。そのため、オキナワヤマタカマイマイが古くに人為的移入されたものという見方もあったみたいですが、今は固有種として認められているようです。
 宮古島はおそろしいほどに森が無い不毛の島。内陸部に僅かな亜熱帯林が残っていますが、ウラキはその中でもごく一部にしか生息していません。今年になって国内希少野生動植物種に指定されましたが(なので採集等厳禁)、あの島に本来の亜熱帯樹林を殖やさないことにはどうにもならんので、遅かれ早かれいなくなってしまうのだろうなあ。


20170612-P6120525_s.jpg

↑樹上性のニッポンマイマイ属らしく、軟体部が良く伸びる。


P6120630_s.jpg

P6120617_s.jpg

↑無帯の幼貝も。意外にも林縁の草地で幼貝が見つかるが、成長後は湿度の保たれる亜熱帯樹林が生育や繁殖に不可欠であるので、草地環境でもやっていけるというわけではない。



関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/502-682449fd