FC2ブログ
2017/08/16 01時03分 (オナジマイマイ科)


オオシマケマイマイ Aegista (Plectoropis) kiusiuensis oshimana  奄美大島

↑奄美大島に分布。殻の周縁に短い毛があります。日中も植物上で活動する半(?)樹上性。


P6030225_s.jpg
タラマケマイマイ Aegista (Plectoropis) osbeckii  石垣島

↑石垣島、西表島、与那国島、宮古島、多良間島に広く分布するケマイマイ。周縁は毛が無くつるっとしていて、碁石のような形をしています。樹上性。


DSC_1755_s.jpg
シュリケマイマイ Aegista (Plectoropis) elegantissuma  沖縄本島北部

↑沖縄本島と瀬底島に分布。石灰岩地帯に限って生息し、地表というか露出した岩石の側面にぶら下がっています。石灰岩地でもアフリカマイマイなどの外来種が蔓延する場所では見られない(死貝さえ見当たらない)のが少々気になるところ。本島にはこのほか、シュリケマイマイを少し大きくしたクンチャンケマイマイ A. elegantissima cara 、ヘリトリケマイマイ A. marginata がいるそうなんですが、全然みつけられませんでした。ちなみに、殻の模様は軟体部が透けて見えてるだけです。


20170802-P8020802_s.jpg

イトマンケマイマイ Aegista (Plectoropis) scepasma  沖縄本島

↑地表性。分布は沖縄本島、久米島など。本島でもいる場所は限られていて、数も少ない種類です(沖縄県RDBおよび環境省RDBでは絶滅危惧Ⅱ類)。他と同属扱いになっているけれど、とてもそうは思えない異質な存在。ナンバンマイマイ科のビロウドマイマイ類(Nipponochloritis 属、Moellendorffia 属)やオナジマイマイ科の Paraegista 属のように、殻全体に細かい毛のような鱗片をもっています。異なる系統で並行的に生じているこの毛の意義については色々と妄想しているのですが、空白地が多かったり共通点が見えなかったりなんだりで、まあ、よくわからないです。


20161027-DSC_1218_s.jpg
オオウケマイマイ Aegista (Plectoropis) pannosa pannosa

↑ついでに。一般によく知られるケマイマイで、これは本州の東北地方に広くいるもの。西日本や四国だとオオケマイマイ A. vulgivaga が分布する。石灰岩上にもいるけど、植物に登っていることが多い半樹上性?


関連記事
Comment:0    
Secret

TrackBackURL
→http://vespidae.blog43.fc2.com/tb.php/505-94f841b2